• 自然葬にはどんなものがあるのか

    • 自分の遺骨を埋骨する方法として、自然葬を選択する人が増えてきています。

      これは自然葬はお墓を建てる必要がないので墓を継いでいく身内がいない場合や、墓を維持していくための費用が高額になってしまうのを防ぐという点でも人気が出ている理由です。

      BIGLOBEニュースの最新情報を公開しています。

      他にも自然が好きなので死んだあとは自然に還りたい、飼っていたペットと一緒に散骨されたい、事実婚で同じ墓に入れないのなら一緒に散骨したいというニーズが増えてきていることも自然葬が人気となっている後押しをしています。
      自分や家族だけで散骨をするのは難しいので、これらの自然葬を行う業者も増えてきています。


      自然葬の代表的なものと言えば海洋散骨です。遺骨を粉末状にしたものを海に散骨するという方法で、近くに漁港や漁場、海水浴場がない海洋上まで船で行き散骨をするという方法で費用が安いのが大きなメリットでもあります。


      「海ではなく山が好きだ」という人に人気なのが樹木葬です。


      整備された公園型の墓地や里山などに大きな樹木をシンボルツリーとして合同で散骨、埋骨したり、決められた区画に埋骨し、そこに墓石の代わりに好きな樹木を植えるという方法です。
      墓石の代わりとなる樹木があるので、故人をしのぶために訪れることが出来るのがメリットでもあります。



      少し変わった方法としては宇宙葬というものもあります。
      遺骨の一部を国際航空連盟で規定された宇宙空間である海抜100km以上のところに埋葬するという方法です。

      改葬を利用してみる価値はありますよ。

  • 関連リンク

    • 意思を尊重して行う自然葬に関して

      一般的には人がお亡くなりになった際には墓石を用意して遺骨を埋葬することを国内では古くから行われている方法です。この方法では大きなお金が必要とされていて、既にお墓を持っている方であれば負担は軽減することができますが、そうではない方ならば、新しくお墓を建てることが必要になります。...

    • 墓石を用いない葬法「自然葬」

      自然葬とは亡くなった人の遺跡を山や海などの自然に散骨することによって「死者の体を自然に還す」という葬法です。古くから亡くなった人を弔う際には墓石を用意し、遺骨を埋葬するのが一般的です。...